オーソモレキュラー医学とは

オーソモレキュラー医学とは
  • ・体の中に自然に存在するビタミン、ミネラル、アミノ酸などを必要に合わせて投与するなど、栄養療法を治療レベルに高めた医学
  • ・「オーソモレキュラー」は、二度のノーベル賞を受賞したライナス・ポーリング博士による造語

国際オーソモレキュラー医学会 (ISOM:International Society for Orthomolecular Medicine)

カナダのトロントに本部を持つ、歴史ある国際学会。 栄養療法の第一人者であった故エイブラム・ホッファー医師が1968年に設立。栄養療法で病気の治療や予防をする医学会の先駆者的存在であり、現在では21カ国の関連学会が加盟しています。 毎年国際学会を開催。学会誌(Journal of Orthomolecular Medicine)や教育セミナーを通じ、人々の健康維持、疾病治療・予防に効果的なオーソモレキュラー(分子整合)栄養療法を実践する医師・歯科医師・栄養士などを育成し、一般市民への啓蒙活動を広く行っています。 2012年、日本の柳澤厚生医師(点滴療法研究会会長)が国際オーソモレキュラー医学会第4代会長に就任しました。