ログイン 会員登録

【レポート】Lagform Tokyo 表参道FMクリニック

『筋トレ』シリーズでもお馴染みの内藤 洋介先生が新規医院・Lagform Tokyo 表参道FMクリニックをご開院されました。早速院内を拝見して参りましたので、本日は院内画像を多めにLagform Tokyo 表参道FMクリニックの魅力をお届けしたいと思います。

 

Lagform Tokyo 表参道FMクリニックという名のラグジュアリー空間


表参道駅から歩いて3分ほど。

エレベーターから降りると光り輝くエントランスが姿を現しました。

 

 

そして扉を開けると・・・



内藤先生がお出迎えして下さいました!


いざ院内へ

そしてご案内いただくことに。煌びやかな院内に内心ドキドキ。


鏡が張り巡らされた診察室。

この写真の中には移り切りませんでしたが、反対側には大きなスクリーンが設置されていました。

患者様が座る椅子をアップでパシャリ。

一段高い場所に設置されているのがおわかりいただけるかと思います。
これは、訪れた方に特別感を感じてほしいという思いが込められているようです。
こうした細部まで内藤先生の心配りが伺えます。

 


続いてご案内いただいた治療室内の傍らには、
国内で導入しているクリニックが少ないビオラV30(肌質改善を促進する)も設置されていました。

点滴ルーム。
座り心地の良いこちらの椅子はリクライニングもできるとのこと。

 

 

そしてパウダールームまで!さながら中世のお城のよう。
この空間にいるだけでも美意識がぐんぐん上昇していきそうです。

表参道から数分歩いた先には、中世ヨーロッパを彷彿とさせるラグジュアリーな空間が広がっていました。

内藤先生の思いとクリニック指針


どのような思いからこちらのクリニックをご開院されたのか内藤先生に伺ってみたところ、

内藤:見た目レベルの美に留まらず、ホルモンバランス等の外からはみえない要素も踏まえてのトータルアンチエイジングを目指しています。「美容点滴をしたい」「顔のこの部分を整形したい」といった単一の目的ではなく、更に踏み込んだ患者さん一人ひとりにとっての理想的な自分自身の美の追求を行うことのできるクリニックを作りたかったのです。男女問わず年齢という鎖からも解放されて自分自身と向き合える場所、そして忙しいご自身へのご褒美ともなる空間として確立できれば本望です。

とお話しくださいました。

内藤先生は歯科医師である傍ら、スポーツインストラクター、エステティシャンの資格も取得されており、現在は栄養療法の講座を受講されているようです。患者様お一人おひとりに総合的に満足してほしい、という思いから並々ならぬ努力をされていらっしゃるのですね。

こうした思いをお聞きした上で院内を拝見すると、いっそう内藤先生の揺るぎない信念とクリニックに込められた強い思いが伺えました。
(院内のデザインに関しては、ご自身でご考案されたとのこと。何でもできてしまうのですね!と心の中で叫びたくなりました)