ログイン 会員登録

大さじ2杯の亜麻仁油が高血圧症の治療薬に?

この記事の執筆者

鎌倉元気クリニック

一般社団法人日本オーソモレキュラー医学会 代表理事。鎌倉元気クリニック 名誉院長。 杏林大学医学部卒、同大学院修了。 医学博士。杏林大学保健学部救急救命学科教授を経て、2008年より国際統合医療教育 ... [続きを見る]

2013年、St.Boniface Hospital(カナダ)の研究チームは、1日30mlの亜麻仁油を6ヶ月間摂取すると高血圧症患者の血圧が下がることを『Hypertension』(アメリカ心臓協会が発行する高血圧症専門誌)にて発表しました。高血圧症は心血管疾患や脳血管疾患の重要な危険因子です。

彼らは、末梢動脈疾患(足の動脈が狭くなり、血流が悪くなることで様々な症状を引き起こす病気)の患者を2つのグループに分けました。

①亜麻仁油30gを練り込んだパンやパスタなどの食品を6ヶ月間摂取するグループ
②亜麻仁油の入っていない食品を摂取するグループ

結果として6ヶ月後、①亜麻仁油群 の血圧は収縮期に−10 mmHg、拡張期には−7 mmHgの低下がみられた一方、②対照群 においては変化がありませんでした。

血圧が140/90 mmHg以上の高血圧症患者だけに焦点を当てると、収縮期−15 mmHg、拡張期−7 mmHgと有意に低下しました。この血圧の降下に関しては、亜麻仁油の継続的な摂取によって1年後にも効果が継続することが示されました。試験開始6ヶ月後の血液検査では、①亜麻仁油群 において、αリノレン酸、エイコサペンタエン酸、リグナンの血漿濃度が②対照群 と比べ有意に増加していました。

上記の研究により、高血圧症患者における亜麻仁油の降圧作用が明らかになりました。研究チームは「この作用は、オメガ3脂肪酸であるαリノレン酸、女性ホルモン様作用を持つポリフェノールのリグナンによるもの」と推測しています。

さらに、同研究チームは「高血圧症の治療に莫大な医療費が費やされている。亜麻仁油の補充は、高血圧の治療を安全で効果的かつ安価にし、薬物療法に代わる可能性のある治療法」と結論付けています。

この記事についてより詳しい解説と根拠となる資料や文献は会員サイトでお読みいただけます。