ログイン 会員登録

ビタミンC点滴は敗血症治療の福音となるか

この記事の執筆者

あさ歯科クリニック

山口県山陽小野田市 あさ歯科クリニック院長。高濃度ビタミンC認定医。点滴療法研究会マスターズクラブ、国際オーソモレキュラー医学会、日本オーソモレキュラー医学会会員。福井県出身。

日本集中治療医学会が作成した日本版敗血症診療ガイドラインによると、敗血症は、感染によって発症した全身性反応性症候群(SIRS)と定義され、重症化すると死亡率が40%程にまで上昇する恐ろしい病気の一つです。それゆえ、早期発見が治療のカギとなります。

そんな中、米国・東バージニア医科大学のDr.マーリックらは、2016年11月のChest誌において「重度敗血症及び敗血症性ショックのためのビタミンCとチアミンとヒドロコルチゾン投与が死亡率を低下させた」と発表しました。

この発表は、敗血症の治療にビタミンCとチアミンとヒドロコルチゾンの併用が効果的であったことを示唆しています。

現在、敗血症の治療は抗菌薬の投与と輸液が中心ですが、オーソモレキュラー医学では高濃度ビタミンC点滴などの抗酸化物質の投与により、治療効果を上げる可能性があると考えています。

この記事についてより詳しい解説と根拠となる資料や文献は会員サイトでお読みいただけます。