ログイン 会員登録

オーソモレキュラー医学ニュースサービスー日本語版

国際版編集主幹Andrew W. Saul, Ph.D. (USA)
日本語版監修柳澤 厚生(国際オーソモレキュラー医学会会長)
溝口 徹(新宿溝口クリニック)
姫野 友美(ひめのともみクリニック)
北原 健(日本オーソモレキュラー医学会理事)
翻訳協力Wismettacフーズ株式会社ナチュメディカ事業G

* 国際オーソモレキュラー医学会ニュース<日本語版>は自由に引用・配信ができます。引用の際は必ず引用元「国際オーソモレキュラー医学会ニュース」とURL(https://isom-japan.org/)を記載してください。

新型コロナウイルス感染症の重症・重体患者に高用量ビタミン療法を用いた成功例

目次
    執筆者: Richard Cheng, MD, PhD

    (OMNS、2020年3月18日)

    医師ならびに科学者から成るグループが2020年3月17日、オンラインミーティングを行い、中等度~重度の新型コロナウイルス感染症患者の治療における高濃度ビタミンC点滴の使用について討議しました。主要なゲストとして、上海市内の大病院である上海交通大学医学院附属瑞金医院の救急医療科部長Dr. En Qian Maoを迎えました。

    Dr. Maoは、新型コロナウイルス感染症の全患者が治療を受けてきた上海公衆衛生センターのシニアエキスパートチームの一員でもあります。また、Dr. Mao博士は、上海市医学会と上海市政府が裏書きした公式文書「新型コロナウイルス感染症の治療に関する上海市ガイドライン」の共同執筆者でもあります [1]

    Dr. Maoは、急性膵炎や敗血症などの病気を持つ患者や手術創傷治癒のために高濃度ビタミンC点滴を用い始めて10年以上になります。新型コロナウイルス感染が発生したとき、彼をはじめとする専門家たちはビタミンC療法を思い付き、中等度~重度の新型コロナウイルス感染症患者の治療にビタミンC点滴を用いることを提言しました。上海のエキスパートチームは流行の早期にこの提言を受け入れました。上海地区における重症または重体の新型コロナウイルス感染症患者は全員、上海公衆衛生センターで治療を受けました。2020年3月17日時点でのセンターの新型コロナウイルス感染症患者総数は358人でした。

    Dr. Maoのグループは、中等度~重度の新型コロナウイルス感染症患者約50人に、高濃度ビタミンC点滴を用いた治療を行ったとのことです。このビタミンC点滴は、110,00020,000 mg710日間投与するものでした。中等度であれば10,000 mg、もっと重症であれば20,000 mgとし、肺の状態(主として酸素化指数)と血液凝固状態を判断基準としました。ビタミンC点滴を受けた患者の全員に好転が見られ、死亡者はありませんでした。

    新型コロナウイルス感染症患者全員の入院期間は平均30日であったのに対し、高濃度ビタミンC点滴を受けた患者の入院期間はそれより35日短いものでした。Dr. Maoが特に取り上げていたのは、急速な悪化を生じたある重症患者のことでした。彼は4時間以上にわたり50,000 mgという大量のビタミンC点滴を施し、この患者の肺の状態(酸素化指数)が安定し好転するのを集中治療チームがリアルタイムで見守りました。高濃度ビタミンC点滴治療を受けた患者からの副作用の報告はありませんでした。

    今日のテレビ会議には、以下の方々をはじめとする国際的な専門家が参加しました:

    日本の東京にある杏林大学の元教授であり国際オーソモレキュラー医学会の会長である柳澤厚生博士、日本の松山淳博士、プエルトリコ大学医学部教授のDr. Michael J Gonzalez、カンザス州立大学医学部の内科教授Dr. Jean Driskoと薬理学教授Dr. Qi Chen、バージニア・コモンウェルス大学の肺・救急救命学教授であるDr. Alpha "Berry" Fowler、ニューヨーク市にあるNutriDripとIntegrative Medical NYのDr. Maurice BeerおよびAsa Kitfield、北京のDr. Hong Zhang、フロリダ州にあるCME ScribeのWilliam T. Penberthy, PhD、アルジェリアの栄養学・オーソモレキュラー医学会(SANMO)会長であるIlyes Baghli, MD、ニューオーリンズにあるThe Remedy RoomのDr. Mignonne MaryとDr. Charles Mary Jr.、マレーシアのSAHAMMの会長Dr. Selvam Rengasamy。サウスカロライナ州にあるCheng Integrative Health Centerの院長で、深圳医学会と深圳宝安中央病院のシニアアドバイザーを務める私Richard Cheng, MD, PhDが、この会議のコーディネートをしました。

    Dr. Maoの都合がつく時間が限られていたため45分に満たない短い会議だったにもかかわらず、オーディエンスはDr. Maoが時間を割いて情報を共有化してくれたことに感謝するとともに、その通信回線をオープンにしたまま、最前線で新型コロナウイルスと闘っている他の臨床医たちとも話ができるようにすることを望みました。

    別の会議で私は、Sheng Wang, M.D., Ph.D.と話をするという栄誉を担いました。彼は中国上海市にある同済大学医学院附属上海第十人民医院の救急救命学教授であり、上海の新型コロナウイルス抑制・予防チームのシニア臨床エキスパートチームでも任務を果たしています。この新型コロナウイルス感染症に関して我々が学んだ教訓は3つある、とWang博士は話しました:

    1. 高濃度ビタミンC点滴を早期に投与を開始することは、新型コロナウイルス感染症患者を救う上できわめて有用です。データはまだ纏めの段階にあり、完成されしだい公表される予定です。

    2. 新型コロナウイルス感染症患者は凝固亢進の割合が高いようです。軽度~中等度の患者における凝固亢進の割合は15~20%でしたが、重症患者では約40%に凝固亢進が見られました。凝固組織がある患者にはヘパリンが使用されました。

    3. 3つめに重要な教訓として学んだのは、挿管などの救急救命処置に備えて防護服を着用できるよう医療チームは準備を整えておくことが重要である、ということです。挿管を完全に必要とする徴候が患者に出るまで待ち、それから挿管の準備をしていると貴重な時間を失ってしまうことがわかりました。よって、治療チームは準備に要する妥当な時間(15分程度)を見越して、挿管へのしきい値を下げるべきです。重要な意味を持つこの15~30分の時間が転帰に違いをもたらすことがあるのです。

    また、 Dr. MaoDr. Wangの両氏は、他にも中国の別の地域で新型コロナウイルス感染症患者の治療に高濃度ビタミンC点滴を用いている医療チームがあることを確認しています。

    中国での新型コロナウイルス感染症に対するビタミンC点滴の成功利用に関する報告や情報は下記の記事にもあります:

    2020年3月5日

    Vitamin C Saves Wuhan Family from COVID-19

    ビタミンCが武漢の家族を新型コロナウイルス感染症患から救う

    2020年3月3日

    Shanghai Government Officially Recommends Vitamin C for COVID-19

    上海市政府は新型コロナウイルス感染症に対しビタミンCを公式に推奨

    2020年3月1日

    News Media Attacks Vitamin C Treatment of COVID-19 Coronavirus

    新型コロナウイルス感染症のビタミンC治療に対するメディアの攻撃

    2020年2月28日

    Vitamin C and COVID-19 Coronavirus

    ビタミンCと新型コロナウイルス

    2020年2月23日

    TONS OF VITAMIN C TO WUHAN: China Using Vitamin C against COVID

    トン単位のビタミンCが武漢へ: 新型コロナウイルス感染症に対しビタミンCを使う中国

    2020年2月21日

    Three Intravenous Vitamin C Research Studies Approved for Treating COVID-19

    新型コロナウイルス感染症治療に関し認められている3つのビタミンC点滴関連研究

    2020年2月16日

    Early Large Dose Intravenous Vitamin C is the Treatment of Choice for 2019-nCov Pneumonia

    早期の高濃度ビタミンC点滴は新型(2019)コロナウイルス肺炎の最適な治療法

    2020年2月13日

    Coronavirus Patients in China to be Treated with High-Dose Vitamin C

    中国のコロナウイルス感染患者には高用量ビタミンC治療を行うべき

    2020年2月10日

    VITAMIN C AND ITS APPLICATION TO THE TREATMENT OF nCoV CORONAVIRUS: How Vitamin C Reduces Severity and Deaths from Serious Viral Respiratory Diseases

    ビタミンC、ならびに新型コロナウイルス治療へのビタミンCの適用:ビタミンCが深刻なウイルス性呼吸器疾患の重症度と死亡率を下げる仕組み

    2020年2月2日

    Hospital-based Intravenous Vitamin C Treatment for Coronavirus and Related Illnesses

    医療機関におけるコロナウイルスおよび関連疾患へのビタミンC点滴療法

    2020年1月30日

    Nutritional Treatment of Coronavirus

    コロナウイルスの栄養学的治療

    2020年1月26日

    Vitamin C Protects Against Coronavirus

    ビタミンCはコロナウイルスから体を守る




    参考文献:

    1. Expert consensus on comprehensive treatment of coronavirus disease in Shanghai 2019.(2019年上海におけるコロナウイルス疾患の包括的治療に関する専門家のコンセンサス) Chinese Journal of Infectious Diseases, 2020, 38: インターネット上での先行公開 DOI:10.3760/cma.j.issn.1000-6680.2020.0016 http://rs.yiigle.com/yufabiao/1183266.htm (中国語)