本ページにはプロモーションが含まれています

AGA治療で後悔したくない!【2024年最新】多くの人がAGA治療で後悔した原因と後悔しない為の対策を解説!

【PR】※クリニックフォアの情報提供元:クリニックフォア

有名人を起用したテレビCMにより「薄毛は治療ができるもの」という認識が広がってきました。

同時に

「本当に効果があるの?」

「失敗することもあるのでは?」

「どんなリスクがあるんだろう?」

など、AGA治療に対して不安に感じる方が多いのではないでしょうか。

AGAは進行型の脱毛症です。治療を早く始めれば始めるほど治療の効果が出やすく、コストを抑えられるといわれていますので、少しでも早く不安を解消して後悔しない病院・治療法選びができるように、この記事でお手伝いできたらと思います。

今は薄毛に対する不安や悩みが多いかもしれませんが、自分に合うクリニックや治療法が見つかればきっと笑顔で鏡の前に立てるようになりますよ!

おすすめのAGAクリニックが知りたい方や、AGAのオンライン診療クリニックのおすすめをお探しの方も、ぜひ一度ご一読ください。

※記事内容は2024年1月15日時点のものとなります。値段やキャンペーンなどは閲覧日により変更されている場合があるため、公式サイトをご確認ください。

※本記事は効果を保証するものではなく、効果効能には個人差があります。

多くの人がAGA治療で後悔する原因

まずAGA治療を始める前に、多くの人がどんなことで後悔をしたのかご紹介いたします。先人たちがどんな後悔をしたのかを知り、後悔しないための対策を立てていきましょう。

AGA治療で後悔する原因は3つ!

  1. AGA治療を受けても薄毛が改善しなかった
  2. AGA治療で副作用が起こってしまった
  3. 想定よりお金が高くなった

それでは順番に後悔の内容を詳しく説明していきましょう。

1.AGA治療を受けても薄毛が改善しなかった

せっかく治療を受けても望んだ結果が出なければ時間とお金を無駄にした…と後悔をしますよね。どうして改善しなかったと感じたのか、よくある原因を3つ見ていきましょう。

①効果を実感する前にAGA治療をやめてしまった

AGAの治療は、毛髪のヘアサイクルを正常に戻し毛根を太くすることで薄毛を解消する事を目的としているため、治療を始めて数日で効果が表れるものではありません。

髪の毛が伸びるのが数日では分からない事と同様に、早い人でも3ヶ月、一般的には半年~1年程度治療を継続しないと効果が目に見えにくいものなのです。

また、紛らわしいことにAGA治療を開始すると10日目から2ヶ月くらいまで「初期脱毛」という症状がおこる場合があります。初期脱毛は薬が効いている証拠で正常な反応ではありますが、「本当に効果があるのか?」と不安を抱えて治療を始めた矢先に脱毛が始まるため「失敗した!」と勘違いして自己判断で治療をやめてしまう場合もあるそうです。

AGA治療は長期の継続が必要ということを念頭に置きましょう。そして自己判断で諦めて治療を止めてしまわないようにしましょう。

②治療方法があっていなかった

AGA治療は内服薬、外用薬、注射などがあり、使用する薬も様々な種類があるため、AGAの進行具合や体質に合わせた治療方法の選択が必要です。

治療の効果が感じられない時は自己判断で治療を止めずに、医師に相談して治療法や治療薬を変えてもらったり、セカンドオピニオンとして他のクリニックで診てもらうことも手段として覚えておいてくださいね。

また、医師の指示通りに薬を使用しない場合も効果が期待できません。逆に副作用のリスクが高まる場合もありますので、正しい用量・用法で薬を使用することは大前提です。

③AGAが進み過ぎていた・AGAではなかった

AGAは進行型の脱毛症で早期治療が重要とされています。

髪の毛の元となる毛根の細胞には寿命があり、AGAが進行してヘアサイクルが極端に短くなると細胞は早く死んでしまいます。死んだ細胞はどんな働きかけをしても復活しない可能性があり、AGAが進行しすぎている場合は治療の効果が出にくいと感じるでしょう。

毛根の細胞が寿命を迎える前にAGAの治療を開始することが大切です。

そもそもAGAではないという場合もあります。円形脱毛症や皮膚炎など、AGAでない場合にはもちろんAGA治療の効果はありません。まずは頭皮の状態を確認しながらしっかりと医師に診てもらうことから始めましょう。

2.AGA治療で副作用が起きてしまった

治療に薬を使用する場合、副作用が起きる可能性があります。これはAGA治療の薬に限った話ではなく、風邪薬や花粉症の薬、足を捻ったときなどに使用する湿布にすら副作用が起きることがあるのです。

AGAの治療を始めるときは医師が治療薬を処方し、副作用があっても適切な処置をしてくれるクリニックを選ぶことが重要です。

初回のカウンセリングで治療薬の副作用や副作用への対処方法についてしっかりと説明をうけましょう。

■AGA治療で起こる副作用は以下のような症状があげられています。

・食欲不振、吐き気

・性欲減退

・勃起不全

・肝機能障害

・多毛症

・過敏症(かゆみなど)

・頭皮のかゆみ・かぶれ・赤み など

発生率は約1%~5%と低くなっていますが、副作用を感じたら早めに医師に相談しましょう。

治療薬の副作用で後悔しないためにも、自分で副作用を引き起こしてしまう可能性がある行動を2つご紹介します。

①間違った方法で治療薬を使用した

医師の指示に従って薬を使用しないと、副作用や体調不良を引き起こす可能性が高まります。

早く効果が出るようにと多く薬を使用したり、使用を忘れてしまったからと一度に大量に使用することはやめましょう。

また、薬には相性があるため、併用する薬がある場合には副作用を引き起こす場合があります。それだけでなく、薬の効果を弱らせてしまう可能性もあるので診察の際には必ず普段服用している薬についても伝えるようにしましょう。

②個人輸入した薬を使用した

「クリニックで処方される薬はちょっと高い」、「クリニックに行くのが恥ずかしい」などという理由で「ミノキシジル」や「フィナステリド」などの治療薬を個人輸入で入手・使用することはお勧めできません。

症状に合わず効果が出ない可能性があるだけでなく、気づかずに「偽装医薬品」を購入してしまう場合があるからです。つまり偽物や粗悪品を購入して使用してしまった場合、通常の副作用以上の健康被害を引き起こしかねません。

そして個人輸入の場合は「医薬品副作用救済制度」という国が定める救済措置の対象になりません。

AGA治療を行うクリニックの中には、個人輸入した薬を使用している人の治療を受け付けない場合があります。薄毛が気になりだしたら、自己判断で始めずにまずは専門のクリニックでカウンセリングを受けることをおすすめします。

3.想定よりお金が高くなった

「こんなにお金がかかると思っていなかった!」と経済的な理由で後悔する人も多いようです。後悔するだけでなく、治療を断念しなくてはいけなくなる場合もありますので、初めにお金についてしっかりと計画を立てておくことが重要です。

経済的な理由で後悔するポイントは3つあります。

①「無料」「割引」という言葉に振り回されてしまった

多くのクリニックでは薄毛に悩む人が少しでもAGA治療を始めやすくするために、初月が「無料」または「割引価格」となっていることがほとんどです。その金額に振り回されないように注意が必要です。2ヶ月目からはいくらかかるのか、年単位でしっかり金額を見ていきましょう。

契約を焦らせたり押し売りのような対応をするクリニックにも注意が必要です。慌てて契約せずにしっかりと比較することが後悔しないためには大切です。

②治療にかかる期間を考えていなかった

AGAの治療は薄毛の改善には個人差がありますが、薄毛が改善された後もヘアサイクルを維持するために治療を継続することが推奨されています。治療方法や経過によって金額は変わるということも想定しつつ、年単位で払い続けられる金額になっているのか、無理のないお金の計画を立てておくことが重要です。

③プラン以外にかかる費用を考えていなかった

AGAの治療にはカウンセリング、血液検査、自宅で使用するシャンプー、サプリメント、オンライン診療費用、オンライン診療の場合の薬の送料など、プランには含まれていない出費が複数あります。

最終的に費用がいくらかかっていくのかしっかりと比較してクリニックを選ぶことが重要です。

◎AGAは日常生活を送る上で命に関わらないため、全てのクリニックにおいて保険適用外です。

決して安い金額ではありませんので、治療開始前のカウンセリングで治療にかかる金額を明確にしておきましょう。この時点で金額を曖昧に説明してくるクリニックがあれば、別のクリニックを選択することをおすすめします。

後悔しないAGA治療の選び方

上記ではAGA治療で後悔する原因3つについて紹介いたしました。

AGAは進行性のものですのでなるべく早く治療を開始することが効果アップ・コストダウンにつながります。

それでは後悔しない最適な治療が選べるようAGA治療の重要ポイントをご紹介していきます。

オンライン診療に対応しているか

AGA治療専門のクリニックは都市部に集中していますが、新型コロナウィルスの影響もありオンライン診療に対応しているクリニックが増え、全国からAGA治療を受けられる様になってきました。

地方に住んでいる人はもちろん、仕事が忙しくて通院が難しい人や、周りの目が気になる人にも嬉しいサービスですよね。

オンライン診療では、スマホのカメラ機能を使用して頭皮の状態を医師やカウンセラーと確認しながら治療を進めていく事が可能です。お薬は都度配送されます。

オンライン診療を検討している人は

・初回からオンライン診療が可能なのか

・治療に欠かせない血液検査もオンラインに対応しているのか

・オンライン診療にかかる追加の費用はあるのか

を必ずチェックしましょう。

AGA進行の種類があることを知ろう

AGAの進行度合いや薄毛にはある程度型があり「ハミルトン・ノーウッド分類」で現在のAGAの状態や必要な治療方法を理解する目安になります。

ハミルトン・ノーウッド分類はAGAの進行度合いを7つのパターンに分類したものですが、欧米と日本では進行に違いがあるため、日本では更に2種類のパターン(vertex型)が追加された9種類に分類された表を使います。

AGAは進行性のものですので、当てはまる症状があればなるべく早くクリニックでカウンセリングを受けると良いでしょう。

Ⅰ型:髪の毛がまだ十分に残っており、気づかれにくい。

Ⅱ型:生え際が後退し、M字の切れ込みが深くなる。

Ⅱ vertex型:Ⅱ型に加え、頭頂部が薄くなっている。

Ⅲ型:生え際がさらに後退し、M字型になる。

Ⅲ vertex型:Ⅲ型に加え、頭頂部が薄くなっている。

Ⅳ型:生え際と頭頂部の薄毛が拡大し、O字の薄毛も現れる。

Ⅴ型:生え際と頭頂部の薄毛が広がり、際立ったO字型になる。

Ⅵ型:生え際と頭頂部の薄毛が広がり、大きくつながっている。

Ⅶ型:側頭部と後頭部の髪の毛が残り、頭頂部と生え際に薄毛が残る。

日本人は頭頂部から薄毛が進行するⅡvertex型が多いとされ、この型は進行が速いという特徴があります。

AGAは分類に合わせて治療方法が異なり、症状と治療内容があっていないと効果が現れずに後悔してしまうことになるため、専門のクリニックの医師に治療をしてもらいましょう。

予防治療か発毛治療か

AGAの原因はまだ完全に解明されていませんが、遺伝的要因とホルモンバランスの影響が関与しているとされています。そのため、親族に薄毛の人がいる場合はAGAが発症する前に現状維持のための予防治療が有効的です。予防治療では主に内服薬での治療が行われ、大体3,000円~5,000円/月で比較的安価で治療を継続できます。

一方発毛治療は働きが弱った毛根に、内服薬、外用薬、注射などで正常な活動を働きかける治療を行い、大体6,000円~数万円/月の費用がかかり、治療方法によっては高額になる場合もあります。

治療にかかる費用はクリニックによって大きく異なります。予防治療は安いけど発毛治療はものすごく高いというクリニックもありますので、自分の治療の目的が予防なのか発毛なのか決めたうえで、目的に合ったクリニックを調べましょう。

AGA治療の内容

AGA治療では内服薬と外用薬を用いることが一般的です。

治療薬はフィナステリド、デュタステリド、ミノキシジルが主に使われます。

また、費用は高額になりますが注射器を使用したメソセラピーを行っているクリニックもあります。

メソセラピーとは微小針を用いて薬剤や栄養素を直接皮膚内に浸透させる治療法です。

メソセラピーは働きが弱まった毛根内の細胞を活性化させるため、投薬治療より短期間で効果が出る人もいると言われています。

金銭的に余裕があり、より早く効果を実感したい人はメソセラピーを行っているクリニックを探してみるのも良いでしょう。

その他、専用のシャンプーやサプリメントの使用、髪に良い生活習慣を行うなどのホームケアも薄毛対策には有効とされています。

AGA治療の副作用とは

AGA治療をしていくと、約1%~5%の発生率で副作用が起きる可能性があります。

これはAGA治療薬に限った話ではなく、他の薬でも同等の確立で副作用は起きる可能性がありますので特別に怖がる必要はありませんが、必要以上に不安にならない為にも治療の前にしっかりと副作用についてもクリニックで確認しましょう。

AGA治療の主な副作用

・食欲不振、吐き気

・性欲減退

・勃起不全

・肝機能障害

・多毛症

・過敏症(かゆみなど)

・頭皮のかゆみ・かぶれ・赤み など

また、副作用と混同しやすいのですが、治療を初めて10日~2か月くらいに「初期脱毛」という症状がおこる場合があります。一定期間を過ぎれば症状は落ち着くものですので、「脱毛の副作用が出た!もう薬を使うのはやめよう!」と自己判断で治療をやめてしまわないようにしましょう。

クリニック選びの際には、副作用が起きたときのサポート体制もしっかりとチェックしておきましょう。

効果がいつ出るのか

AGAの治療は数日で効果が表れるものではありません。

薄毛の改善を感じ始めるのはヘアサイクルや生活習慣などによって個人差はありますが、早い人で約3ヶ月から、通常は6ヶ月からと言われています。

またAGAは現在の医学では完治させることが難しく、治療によって薄毛が改善した場合も、治療をやめてしまうとAGAの症状が再発する恐れがあります。

通常は1年程度集中的に治療をし、徐々に薬を減らすなどの維持療法に移りながら年単位で経過を見ていきます。

AGA治療は早期の治療開始で改善率や治療効果率を上げることが分かっています。予防も含め、気になったら早めのカウンセリングが後悔しない近道です!

AGA治療で重視するポイント別おすすめクリニック3選

「AGA治療のクリニックが沢山あってなかなか選べない!」という人に、AGA治療で重視するポイント

・続けやすい

・通院しやすい

・価格が安い

に注目して、オススメのクリニックをそれぞれご紹介します。

続けやすいクリニック

AGA治療は「継続」することが大切です。治療の手軽さ、費用、通いやすさなどから治療を続けやすいと評価されているクリニックを紹介します。忙しい人や周りの目が気になる人、地方に住んでいる人にオススメです。

クリニック名1ヶ月の治療費診療時間土日祝オンライン  特記事項  
DMMオンラインクリニック予防:6,380円~
発毛:12,485円~
24時間対応対応・オンライン診療可
・予約が取りやすい
AGAヘアクリニック予防:3,600円~
発毛:9,000円~  
10:00~20:00対応対応・全額返金保証制度
・オンライン診療価格あり
・オンライン実績21万件以上
AGAスキンクリニック予防:6,200円~
発毛:11,000円~  
10:00~22:00
医院によって異なる
対応対応・発毛実感率99.4%
・メソセラピー対応
・血液検査0円
・60院以上展開

通院しやすいクリニック

「実際にクリニックに行って対面診察を受けたい」という人に、比較的価格が安く医院数の多いクリニックをピックアップしました。AGA治療のクリニックは特に東京や大阪などの大都市に集中していることが多いため、地方に住んでいる人は要チェックです。

クリニック名医院数診療時間土日祝オンライン特記事項
湘南美容クリニック124院10:00~19:00
医院によって異なる
対応
医院によって定休日あり
対応・駅チカ
AGAスキンクリニック60院以上10:00~22:00
医院によって異なる
対応対応・駅チカ
・待合から個室
イースト駅前クリニック40院以上10:00~19:00
医院によって異なる
対応
医院によって定休日あり
対応・駅チカ(徒歩3分圏内)
・クリニックによって薬代が異なる

価格が安いクリニック

AGA治療は長期に渡るため、無理のない価格で治療を継続できるかがクリニック選びの中でも重要なポイントです。初月の金額だけでなく、長期間の金額や追加でかかる費用についてもよく確認しましょう。

クリニックによって「全額返金制度」や「乗り換え割引」などの独自の制度があるのも注目です。

クリニック名初月割引1ヶ月の治療費無料のサービス特記事項
銀座総合美容クリニック予防+発毛:1,000円  予防:2,000円~
発毛:9,700円~  
カウンセリング料
診察料  
 
クリニックフォア予防:1,760円
発毛:特になし
予防:4,015円~
発毛:9,163円~
※定期発送プラン
カウンセリング料
診察料
・全額返金制度
・乗り換え割(薬代20%オフ)  
AGAヘアクリニック予防:1,800円
発毛:0円
予防:3,600円~
発毛:9,000円~  
カウンセリング料
診察料
・全額返金保証制度
・オンライン診療価格あり

まとめ

AGA治療における後悔について「事前に知っていれば後悔しなくて済んだのに」ということが多いということにお気づき頂けましたか。

そして「もっと早く治療を始めていればよかった・・・」という後悔をしてしまう前に、まずは無料のカウンセリングで不安や疑問を相談してみるのがいいでしょう。

先人たちの後悔から学び、自分に合うクリニックを選んで発毛の喜びを実感しましょう!