1日50,000~100,000ミリグラムの量が「ガンの活性を大いに抑える」

16.10.03 オーソモレキュラー医学ニュース

オーソモレキュラー医学ニュースサービスー日本語版

国際版編集主幹Andrew W. Saul, Ph.D. (USA)
日本語版監修柳澤 厚生(点滴療法研究会)
溝口 徹(新宿溝口クリニック)姫野 友美(ひめのともみクリニック)
齋藤 糧三(日本機能性医学研究所) 北原 健(日本オーソモレキュラー医学会)
翻訳協力西本貿易株式会社ナチュメディカ事業グループ

* 国際オーソモレキュラー医学会ニュース<日本語版>は自由に引用・配信ができます。引用の際は必ず引用元「国際オーソモレキュラー医学会ニュース」とURL(https://isom-japan.org/)を記載してください。

執筆者: Andrew W. Saul編集員

(OMNS、2016年9月16日) 本の良し悪しは、いつも表紙で判断できるとは限らない。これは雑誌にも当てはまる。日本版「ニューズウィーク」の2016年9月6日号には、ガンに対するビタミンC点滴療法について論じた、非常に重要で、きわめて肯定的である記事が載っている。ビタミンC点滴療法のスペシャリストである柳澤厚生MD, PhDに焦点を当て、彼による論理的根拠、方法および投与量について、有り難いほど詳しく論じられている。もし、ガンと闘っている家族や友人がいるのなら、この記事は必見である。さっと表紙をかわして、全文を読んでほしい。英語に翻訳したものを下記サイトで無料で見ることができる:

Newsweek日本語版 2016年9月号
ファイルのサイズが大きいので、ダウンロードに少し時間がかかるかもしれない。

柳澤医師が言うには、「この療法で用いているビタミンCは高濃度のもので、1回に50~100 g投与する。これは、レモンなら2,000~5,000個分に相当し、これを経口投与ではなく、静脈内点滴によって静脈に直接注入することにより、血中ビタミンC濃度を大量に引き上げる。化学療法と高用量ビタミンC点滴療法を併用するケースはどんどん増えている。他の治療法の助けとしてこの療法を用いれば、大きな成果が得られる。」

さらに彼は言い足している:「高用量ビタミンC点滴療法は、ほぼすべての形態のガンに大変有効であることがわかっている。痛みが大いに減ったと述べた患者はかなりの数にのぼる…(中略)…肺ガンによる呼吸困難があった患者の一人は、点滴後に咳が鎮まったことに気付き、本人も家族も驚いていた。」

読者がもっと詳しく知ることができるよう、「ニューズウィーク」では20を超える最近・最新の調査研究を挙げた参考文献リストを掲載している(P. 53)。この雑誌の編集者の姿勢は、まさに的を射ている:「我々は少なくとも、高用量ビタミンC点滴療法の存在について知る必要がある」。人の命を救う、こうした情報を掲載することにより、日本版「ニューズウィーク」は皆に恩恵を施したのである。