オーソモレキュラー医学: あるティーンエージャーの見方

13.06.13 オーソモレキュラー医学ニュース

オーソモレキュラー医学ニュースサービスー日本語版

国際版編集主幹Andrew W. Saul, Ph.D. (USA)
日本語版監修柳澤 厚生(点滴療法研究会)
溝口 徹(新宿溝口クリニック)姫野 友美(ひめのともみクリニック)
齋藤 糧三(日本機能性医学研究所) 北原 健(日本オーソモレキュラー医学会)
翻訳協力西本貿易株式会社ナチュメディカ事業グループ

* 国際オーソモレキュラー医学会ニュース<日本語版>は自由に引用・配信ができます。引用の際は必ず引用元「国際オーソモレキュラー医学会ニュース」とURL(https://isom-japan.org/)を記載してください。

(OMNS、2013年5月22日) 現代のティーンエージャーをざっと見ただけでも、以前の十代より運動量が少なく、太っていて、はるかに多くの薬を飲んでいることが確かにわかる。今回は、オーソモレキュラー・メディシン・ニュースサービスの新しい趣向として、オーソモレキュラー育ちのティーンエージャーが堂々と意見を述べる。我々は、読者からのフィードバックを歓迎するとともに、今後、反響や同様の随筆を掲載することも考えている。 - 編集者W. Saul, Editor

私の名前はMichael Joe Gonzalez、プエルトリコのポンセに住む17歳です。2013年4月26~28日にカナダのトロントで開催された第42回OMT(オーソモレキュラー・メディスン・トゥデイ)に参加しました。私はこの素晴らしい会議に参加するため奨学金をいただきました。このようなまたとない機会を与えてくれたSteven Carter氏に感謝します。私は、この会議でビタミンCとガンに関する講演を行っていた父Dr. Michael J. Gonzalezに同伴する光栄に浴しました。

自然な治療方法は完全に筋が通っている、というのがオーソモレキュラー医学に対する私の見方です。私は、これまで学んできたことから、それがあらゆる疾患に対する最善の治療法であり、また、全体的な健康のために従うべき最善の予防法であると信じています。多くの疾患は、必須栄養素の摂取不足から始まります。こうした不足の原因は、過剰に加工された食品にあり、ほとんどの人がそれを食べています。通常は体内に存在していて病気を治すために必要とされる天然物質を使うという考えは、きわめて論理的です。オーソモレキュラー医学(正しいときに正しい分子を、という考え)は、魅力的です! 先の会議で発表されたすべてのことを理解したわけではありませんが、かなりの部分を理解しました。私は、時間を作ってオーソモレキュラーのコンセプトを読み進めていますが、こうした偉大な方々が語っている言葉を聞く機会に勝るものはありません。私は、その会議でオーソモレキュラー殿堂入りをなされた3人の科学者のうち、Dr. Ron HunninghakeとDr. Andrew Saulのお二人と言葉を交わすという光栄にも浴しました。

今後は、オーソモレキュラー医学の多くの側面についてさらに理解を深め、あらゆる人とあらゆる疾患にとって何が一番良いか知るため、学び続けたいと思います。私はいつも父と栄養素・ビタミン・ミネラルなどの話をしています。私は、覚えているかぎりではずっとサプリメント、とくにビタミンCを摂っていますが、これはかなり変わっています。学校をはじめ、どんな場所でも、他の子たちは、「病気か何かか?」とか、「そんなにビタミン剤を飲みすぎたら死んじゃうよ」というような目で私を見るからです。これはおかしいです。病気になったことがないのは私だけですから!

私は毎日これだけ摂っています。


マルチビタミン・マルチミネラル
ビタミンC: 500 mg
ホスファチジル・イノシトール: 50mg
ホスファチジル・セリン: 50 mg
ホスファチジル・コリン: 100 mg
緑茶: 250 mg
コエンザイムQ10: 100 mg
オメガ3系: 1,000 mg


ビタミンC: 500 mg
コエンザイムQ10: 100 mg
アセチル L-カルニチン: 250 mg
α-リポ酸: 300 mg
マグネシウム: 100 mg
抗酸化ミックス
(ビタミンE、カロテン、セレン)
クレアチン: 1,000 mg
ケルセチン: 500 mg


マルチビタミン・マルチミネラル
ビタミンC: 500 mg
メラトニン: 3 mg
亜鉛: 30 mg
アルギニン: 1,000 mg
グルタミン: 500 mg
N-アセチル-システイン: 500 mg
オメガ3系: 1,000 mg
プロバイオティック・カプセル

私はできるだけ健康的な食事を試みているので、食べ方さえも異なっています。他の子たちは、何を選ぶかあまり気にしておらず、言わせてもらえば、かなり悪い選択肢もいくつかあります(脂肪の多いもの、糖分の多いもの、食物繊維の少ないもの)。他の子に栄養とサプリメント摂取に関する教育をしようとしていますが、簡単にはいきません!
オーソモレキュラー医学に対する私の見方として、ビタミンとミネラル、十分な栄養、運動によって健康面でどんなことが実現できるか非常に印象的であるため、新世代のオーソモレキュラー専門家の一員になりたいと思っています。オーソモレキュラーは進むべき道です! この会議に参加したことは貴重な経験であり、たくさんの素晴らしいことを学びました。近い将来、また参加できる機会が得られるよう願っています。

皆さまの健康をお祈りします。
Michael Joe Gonzalez

日本語訳監修 溝口 徹 (新宿溝口クリニック)