• HOME
  • 栄養素の補充が必要な理由

栄養素の補充が必要な理由

 

「栄養」と聞いて、私たちが真っ先に考えるのは食事です。毎日の食事は私たちの健康のベースとなる、とても重要な要素です。

しかし、オーソモレキュラー医学においては、サプリメントや点滴による栄養素の補充が推奨されています。

それは何故なのでしょうか?

理由❶ 摂取量をコントロールするため

昨日あなたは、何グラムのビタミンCを摂取しましたか?糖質は?オメガ3は?

そのような質問に答えられるのは、病院の厳密な食事管理下にいる人くらいではないでしょうか。積極的に病気の予防・治療をする場合は、個人の体質や体調に合わせて、特定の栄養素を、特定の量で、定期的に摂取する必要があります。サプリメントや点滴を活用することで、摂取する栄養素の種類と量をコントロールすることが可能になります。

理由❷ 食材に含まれる栄養が減少しているため

品種の変化や土壌・肥料の変化によって、野菜に含まれる栄養素は、昔に比べて大幅に減少しています。例えば1950年と比べて、2010年の平均的なニンジンに含まれるビタミンAは81%減、鉄分は90%減というデータがあります。また、栄養量が多くなる『旬』の時期以外にも流通する野菜が増えたことで、平均的な栄養量が減ってしまっている側面もあります。

理由❸ 不要な成分の摂取を避けるため

食事から大量の栄養素を取ろうとすると、身体にとって不要なもの(添加物や余分な糖質など)も多く摂取することになってしまいます。また、特定の食材に偏ることで、アレルギー症状の原因にもなります。サプリメントや点滴では、身体にとって不要なもの・悪影響を及ぼすもの・アレルギー源になるものを避けることができます。

※出展:文部科学省「日本食品標準成分表」

ご存知ですか?サプリメントの選び方

コンビニ、薬局、通販・・・ わたしたちの周りは、たくさんのサプリメント商品であふれかえっています。
実はサプリメントの品質には、大きな幅があります。サプリメントは、医薬品とは違い「食品」の一種なので、メーカーは効果を証明する必要がありません。そのため、全く効能が期待できないような粗悪品も流通してしまっているのが現状です。

同じ成分だからと言って、安価なものを選ぶのではなく、商品ラベルやメーカーのウェブサイト等で信頼性を確認することが重要です。また、確実な予防・治療効果を期待する場合は、医療機関で取り扱われているサプリメントを選びましょう。